ヘッダー画像

今福島に居る原発作業員の実情は?

復興への道

風化してしまいつつある福島では今も原発作業員が死亡したり汗を流しています。 東日本大震災は津波被害をはじめ大きな爪痕を日本列島に遺しました。 これは福島第一原子力発電所事故も、その最も大きな爪痕として今も多くの住民が避難生活を余儀なくされ、周辺地域の復興は遅々として進んではいません。 福島第一原子力発電所は地震の揺れを検知してすべてが停止し、緊急炉心冷却装置を稼働させるための非常電源が故障しました。 政府はすぐに原子力災害対策特措法に基づいて原子力緊急事態宣言を発令しました。 原子力発電所では色にあたる求人された労働者のスタッフへの理解が社会に浸透しているとは言えない現状があり、そのことが理由となって廃炉に支障をきたすほどの事態となった経緯があります。 原発作業員とひとくくりにしてしまわれがちですが、実は震災前から働く派遣社員のジャンルと、震災後に新たに働くようになったカテゴリーとに分けられます。 ジプシーといった言葉があり、求人スタッフの方々はあちこちを渡り歩く人たちというイメージを持たれがちです。 労働者は全国から集められているというイメージが定着していますが、震災が起こる前の福島第一原子力発電所では全く状況は違っていました 当時は一年に一回ある定期点検と原子炉を止めることなく点検できる定例点検の仕事が、一年を通じて常にある職場であったためです。 定期検査の際には原子炉に係る特別な点検のために全国から技術者を集めることはあっても、ほとんどの現場の方々は双葉郡のエリアに住んでいる住民でした。 つまり震災の前からこの場所で働く人々というのは福島県浜通り地方に生活の拠点のあった層だったため、大きな事故が起こったことで被災し、避難生活を送る地域の割合が圧倒的に多いということです。 方や震災後の原発作業員の人々というのは主に建設系企業の存在です。

何も解決していない福島と原発作業員の問題

大きなリスク

地震による津波や事故によって壊滅的な状態に陥った福島第一は、現在でも廃炉処理の基本は建設業が中心です。 建設の仕事というのは震災が起こる前にはほとんどなかったものなので、生活の拠点を福島県においていない住民がほとんどのため、東京電力の現場に出張している状況です。 そしてこの震災前から働く原発作業員の求人層と、福島原子力発電所の廃炉に取り組む現場のカテゴリーとでは抱える問題が全く違うという現実があります。 震災前から働く原発作業員の人々が抱える問題は、事故直後から復旧に当たったために被ばく線量が高く死亡原因になります。 生活の拠点を双葉郡においていた人が多いため、自分自身も津波の事故の被災者であります。 原子力産業で働くということに対する偏見を受けている例もあります。 震災前に行っていた業務内容が、点検が主体だったためです。 このように震災後にはほとんど求人の仕事がないといったことがあげられます。 事故後の被ばく線量の高さは健康不安へとつながり積算線量が一定以上に達した場合、原発作業員が現場に入ることができないということが身近な問題となっており、このことは同時に職を失う事態につながる可能性があるということです。

除染処理の内容と原発作業員のリスク

工程や内容

そして熟練者が積算線量が基準に達してしまうことで原発作業員の仕事を続けられなくなるという事態にもつながってしまいます。 そして彼らの多くは生活の拠点が津波の事故によって避難区域となり、仮設住宅やみなし仮設住宅などから通勤してきています。 震災前は勤務地も自宅から近かったけれど、現在では2時間から3時間もかけて通勤していることが当たり前になっているという現実があります。 また、地震の事故への批判は、原子力産業そのものへの批判になり、求人を見てそこで働くカテゴリーへの偏見につながり、世間から底辺の労働者といったイメージをもたれ、自分自身の職業を隠している人さえいます。 震災前に原発作業員として働いていた層は自分自身の生活の場も失ったうえ、言われない偏見に苦しめられて、職そのものが否定され、将来に対する設計も描けない中で多くの苦しみにさらされます。 死亡が怖く原子力産業を辞めていかざるを得ない方々が大勢いるというのが現実です。 現在の廃炉処理は建設業が主体となっていますが、建設業が落ち着けば設備の保守管理を行う震災前から働く経験のある層が必ず求人として必要とされる日もやってきます。 廃炉を早期に達成するため、無用なトラブルを防いで、保護されていくことが必要な原発作業員のスタッフなのです。 かたや震災前の福島第一原子力発電所ではほとんど必要なかった建設業の仕事は現在の廃炉への取り組みの主たる仕事になっています。 県外から出張している建設系企業のカテゴリーが主体で、福島の事故以前からの労働者の社員とは異なる問題を抱えています。 まず、双葉郡の多くが避難区域のため発電所から遠い場所に生活拠点を置かざるを得ないこと。

放射能汚染されてしまった原発作業員は?

稼働する意味

放射能物質を取り扱う任務に不慣れで、原発作業員や原子力設備についての知識が浅いことです。 そしてこれはどちらの労働者にも共通して言えることなのですが、やはり求人現場で働くことへの偏見を受けていること。 さらに不慣れな劣悪な環境の中にありながらも、完ぺき性とスピード感が要求されることなどがあげられます。 震災後の敷地内の人々は建設業務に関してはプロなのですが、放射能物質を取り扱う内容についてはほとんど経験が無く、仕事する本人は過剰被ばくへとつながり、時にはトラブルを通して社会不安へとつながります。 身体への負担の多い防護服や防護マスクを着用しての仕事は困難さを増大させ、工程そのものの効率を落としてしまうことにつながっています。 震災前に合った技能訓練センターのように原子力に対してきちんと原発作業員が学べる場所が無く、原子力産業に対して経験の浅い企業に、社員教育までがゆだねられていることが問題です。 そしてさらに追い打ちをかけているのが世間からの言われない偏見です。 仕事を選べない境遇の求人を送り込んでいるといった誤報や、死亡に近い被爆者といった偏見にさらされ、やはり原発作業員であること自体を隠す人さえいると言われています。 現在の廃炉処理の担い手である重要な人材が職業差別をうけて苦しんでいるという現実は、多くの人々がもっときちんと知らなくてはならないことです。 日本が抱える大きな課題である福島第一の廃炉が、トラブルが続いており、遅々として進まない理由の一つに、そこで働くスタッフの人々が抱える問題が解消されていないことがあります。 そうした問題に目を向けることなく、トラブルのみが大々的に報じられる体制にも大きな問題があると言わざるを得ません。